日本最大!SDGsな循環型キウイ農園
キウイフルーツカントリーJapan(掛川市)

緊急事態宣言も解除となり、各地で人出も増えはじめた昨今ですが、新型コロナ対策をしっかりとしながらもちょっと近場にお出掛けしたいという方もいらっしゃると思います。それでも大都市はちょっと怖いし、自然と触れ合いながらも美味しいものは食べたい、どうせなら家族そろって楽しめる場所が良い等々、色々と悩んでしまいますよね。 そんな皆様には、静岡県掛川市にある「キウイフルーツカントリーJapan」はいかがでしょうか。

東京ドーム約3個分(10ha)の広さを持つこの農園の歴史は、アメリカで果樹栽培の勉強をしていた園長の平野さんがスプーン一杯のキウイの種を持ち帰った1976年に始まります。今では日本のキウイ栽培の第一人者としても知られる平野園長と奥様、経営を担う息子さんらご家族で運営され、約80種類1200本ものキウイの木が育つ日本最大のキウイ専門観光農園となりました。

しかもこの農園は日本一大きいというだけでなく、時代を先取りしたSDGsな循環型農園でもあります。入園者が食べたキウイの皮をニワトリや羊が食べ、その糞を肥料に加工して使用したり、除草剤などを使っていない園内では雑草もたくさん生えますが、それをポニーが食べて園内をきれいにしてくれるなど、早くから地球にやさしい取り組みを行っています。

入園料を払って中に入ると(2歳以下無料)常時2~3種類のキウイが1年を通して食べ放題。他にもキウイバターケーキやキウイジャム作り体験、BBQにキャンプといったアウトドアレジャー、ヒツジやヤギ、ポニーなどの動物たちへの餌やり体験なども楽しめます。売店に併設の「キウイカフェ」ではハーブチキンやアボカド、クリームチーズ、レタス(もちろんキウイも!)を園長の奥様お手製のキウイバンズにたっぷり挟み込み、ボリューム満点ながらもヘルシーな「カケガワキウイバーガー」や砂糖不使用の自然な甘さと濃厚なキウイの味が楽しめる「キウイスムージー」などが人気です。

地球にやさしい広大な農園で美味しいフルーツを楽しみながら、のんびりと自然に触れあってみてはいかがでしょうか。

※事前予約や別途料金が必要なアクティビティもありますので、事前に公式ホームページをご確認ください。

キウイフルーツカントリーJapan 公式HP