人吉温泉の人気旅館「あゆの里」営業再開
昨年の水害からリニューアルし復活(熊本県)

昨年7月、熊本県を中心に九州や中部地方など日本各地で発生した集中豪雨は、各地域住民の暮らしに大きな傷跡を残しました。新型コロナの全国的な感染拡大の中、水害からの復興も同時に行わなければならなかった地域の皆様のご苦労はいかばかりかと拝察いたします。

そんな中、熊本県・人吉温泉の人気旅館「清流山水花あゆの里」が復旧工事を終え、ロビー、客室、レストランなどをリニューアルしたうえで、本格的に営業を再開したとの嬉しい知らせが届きました。

被害に遭った地下1階と1階及び2階の一部、そしてロビーフロアを復旧・改修したうえで、レストラン部分をすべてイスとテーブルのダイニングに変更したそうです。また施設内に地元名産の球磨焼酎をゆっくりと楽しめる焼酎ラウンジと焼酎蔵が作られました。さらに7階屋上は「天空のテラス KUMAGAWA」へと生まれ変わり、人吉市内を一望する絶景スポットとなりました。

ちょっとだけ贅沢をして、のんびりとお宿で過ごしたいという方にも、温泉露天風呂付スイートルーム2室、温泉露天風呂付きプレミアムルーム(二間和室)7室が用意され、他にも露天風呂付客室21室、半露天風呂付客室2室からも選べます。

富士山静岡空港からの熊本直行便が復活し、改めて静岡県民にも訪れやすい観光地となった熊本県。次回の旅は見どころいっぱい、地元グルメも盛りだくさんの人吉温泉を目的地にしてみてはいかがでしょうか。