富山県が新黒部ルートの新たな名称募集中
宇奈月~黒部ダム間の2024年一般開放を受け

昔から内外の観光客が訪れる人気観光スポットの一つに「立山黒部アルペンルート」があります。日本一の高さを誇る黒部ダムへアクセスするルートとして、長野県側の大糸線信濃大町駅からバスを乗り継ぐか、 富山県側の富山地方鉄道立山駅からバスやケーブルカーを乗り継ぐことで行けるのですが、実際にはもう一つ、富山県内随一の温泉街である黒部市宇奈月と黒部ダムを結ぶルートがあります。それが今回ご紹介する新観光ルート(通称黒部ルート)です。

このたび富山県では、黒部峡谷の欅平から上流の黒部ダムまで約18kmを結ぶこのルートが、観光アクセスルートとして2024年に一般開放されることを受け、これを周知し、旅行商品化をアピールする目的で、黒部ルートの新たな名称募集を開始しました。

このルートはもともと黒部川第四発電所の建設のため整備された工事用輸送ルートで、これまで原則として関西電力関係者以外は通行できず、一般客は「黒部ルート見学会」に応募、当選することでのみ通行が可能でした。工事用トロッコ電車や竪坑エレベーター、蓄電池機関車、インクライン(ケーブルカー)、専用バスなどを乗り継ぎながら、地底に作られた様々な電源施設や設備、掘削時に岩盤温度が160度に達したという「高熱隧道」など、過去の電源開発の歴史を体験できるほか、裏剱や仙人谷など、これまで長く険しい道を辿った登山者のみに許されていた黒部奥山の絶景が満喫できるというものです。

募集期間は2021年10月31日まで、応募はWebサイト、郵便はがき、FAXなどから可能です。 新名称に採用された応募者の中から抽選で、新ルートのペア無料招待券(副賞:旅行券10万円分)を3組に、すべての応募者の中から抽選で、富山県産品を選べる「トヤマカード」(5,000円相当)を10名、「黒部宇奈月カレーセットを10名に進呈するとの事です。 なお選考結果の発表は2022年1月ごろが予定されています。

富山県公式ホームページ