羽田空港内に無人決済できる売店がオープン
手に取った商品を自動認識、人数制限も自動

国内、海外を問わず旅行に出かけた時の楽しみの一つといえば、お土産選び。中でも飛行機での移動の際には、その地域の名産品や人気のご当地スイーツが数多く揃えられた空港売店を利用された経験のある方も多いと思います。

来たる8月27日、全日空(ANA)のグループ企業で空港ギフトショップ事業を行うANA FESTA社が、無人決済システムを導入した国内初の空港内施設「ANA FESTA GO 羽田B1 フロア店」を羽田空港第 2 ターミナル地下1 階にオープンします。

 これは天井のカメラや棚のセンサーにより、「入店した人」が「どの商品を」「いくつ」手に取ったかをリアルタイムで自動認識し、出口付近の決済エリアに立つとタッチパネルに商品と購入金額が表示され、表示内容を確認してから支払うという流れで簡単にお買い物ができるシステムです。

出入口にもセンサーが設置され、利用客を認識し自動でゲートが解放される仕組みとなっており、現在のコロナ禍においては「密を避け、人と接触せず購入したい」というニーズにも対応し、入店可能人数を10名までとなるよう自動制御しています。

主力商品となる和洋菓子類については、ANA FESTA羽田全店の売上および販売数量データを集計し「おすすめランキング」として価格別に陳列するコーナーを設け、搭乗前の限られた時間で、オススメ商品の中から「ハズさないお土産」を選びたいという利用客にも嬉しいサービスを提供します。

支払方法は現金のほか、クレジットカードや交通系電子マネーを利用したキャッシュレス決済が可能です。またANAマイレージクラブ会員の場合、100円(税別)につき1マイル、ANAカード決済するとさらに200円に付き1マイルが付与され、ANAカードで1000円以上決済した場合は5%引きでお買い物ができます。

羽田空港をご利用の際は、利便性が向上し安心かつスピーディな「次世代型ショッピング体験」をされてみてはいかがでしょうか。