2020年「もてなしの達人」決まる

 「旬刊旅行新聞」を発刊する旅行新聞新社が例年行っている「旅館・ホテル100選」の発表に合わせ、今年も全国の旅行社から推薦された旅館・ホテルの「もてなしの達人」10名が選ばれ表彰されました。

 主催者によりますと「旅館・ホテルの日常業務部門は、営業から、予約、来館後の接客など、セールス部門では常に新しい情報の提供、お客さま要望を把握しての提案、予約部門では確実な手配、さらには宴会でのもりあげ名人など」を例にあげ、「各自の持ち場での努力が連携することで成り立ち、これがお客さまの満足、さらには感動につながる。受賞されたご本人様にはさらに高い『もてなし』を、周囲の皆様には、自分たちの仕事を見て、評価している人がいることを胸に、明日への仕事の糧にしていただければ」と考えているとのこと。弊社の地元静岡県からは、焼津黒潮温泉の「ホテルアンビア松風閣」のスタッフ1名が選出されました。

 同時に「旅の演出家」として、旅の知識だけでなく様々な客層に対応できる技能面など、旅行者の満足度を高める重要な役割が評価された「優秀バスガイド」、さらには「優秀バスドライバー」もそれぞれ5名ずつ併せて選出、表彰されました。

 全国のバス乗務員さんや旅館・ホテルのスタッフさんには、弊社スタッフも日ごろから大変お世話になっており、豊富な知識と経験に裏打ちされた的確な仕事ぶりに助けられることもしばしば。この場を借りて感謝申し上げるとともに、一日も早く新型コロナが終息し、全国の「もてなしの達人」や「旅の演出家」の皆様とお会いできる日が来ることを願っています。

引用元:旬刊旅行新聞デジタル版